<iframe src="http://ad.tiemco.jp/bnr/7ad87a07fd2e78431630801be92f8281f29d62d1/"width="180"height="180"style="border:0;padding:0;"scrolling="no"frameborder="no"seamless> 忍者ブログ

Masaki Fukumitsu Official Blog バストーナメンター福光正樹のバスライフをお伝えします

Achieve the best !!

   

ステルスペッパー その2

さて、昨日の続きです。

ここで先日のMEMO登場^^しっかり記録してます!!
DSCF1027.JPG








 
 




どういった状態のバスを釣るために作られたかというと・・・
 
ズバリ、ターンオーバーや極度のプレッシャーで
活性が極端に落ちた状態のバスです。
 
ここでバスの本能に対する考察が出てきます( ..)φメモメモ
 
プレッシャーやフィールドの状況で活性が下がる
     ⇓
バスの好奇心がなくなる
     ⇓
餌のみ食べるようになる
     ⇓
更にプレッシャーがかかる
     ⇓
狭いテリトリーに入ってくる好みのアクションのモノのみ口を使うようになる
 
そこで
狭いテリトリーにできるだけ留めておけるルアー
出来るだけゆっくり引けて、動き続けるパーツがあってゆっくり動く中でも
波動を出せるルアーが必要だということになり。
 
シンキングスイッシャーが一番であろうと、開発に取り掛かった様です。
 
初めは既製のプロップをビクセンやシュマリ(TIEMCOのミノーです)など
のミノーのリップをカットしたものに取り付けて試していたようです。
 
ゆっくり引いても動いて波動を出せるよう0.2MMの極薄ペラを使って
いますし、早く動かしても出来るだけ浮かず、ペラの回転数のみが変わる
ように開発しているようです。重心の設定重要です(^_-)-☆
 
レンジキープ性能にも拘っているわけです^^
 
サスペンドルアーでもいいのでは?
と思う方もいらっしゃるとは思いますが、サスペンドルアーだと狭い
テリトリーをすぐ通過してしまう為NGなようです。
ゆっくり過ぎても動かないですし・・・
 
初めはグロッキーと同じようにインディケーターを貼ってルアーの動く
スピードのイメージを掴める様にするのが重要だと力説していました。
 
バスがいるスポットを想定し、ルアーの動きをしっかりイメージして使う
ことがステルスペッパーの威力を最大に発揮するキモのようです。
 
公表はしていませんでしたが、昨年のTOP50のプラでもよく釣れていた
ようですしマスターズなんかでも釣れていたようです。
ハイプレッシャー対応ルアーですね。
 
発売はもう少し先になりますが、まだまだ改善が進んで(魂注入です)
楽しみなルアーです。 40と60の2サイズ発売予定ですよ~っと!!
b611d857.jpeg












 
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
M.F
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
バス釣り、音楽鑑賞
自己紹介:
12年 TBC Class1 年間 18位
    NAMIKI Cup 優勝 !
13年 TBC 1st 優勝!
   TBC 2nd 優勝!!
TBC Class1 AOY(年間優勝)
14年 TBC Class1 年間14位
Basser Allstar Classic 出場

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

忍者アナライズ

フリーエリア

<iframe src="http://ad.tiemco.jp/bnr/7ad87a07fd2e78431630801be92f8281f29d62d1/"width="180"height="180"style="border:0;padding:0;"scrolling="no"frameborder="no"seamless>
Copyright ©  -- Achieve the best !! --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]