<iframe src="http://ad.tiemco.jp/bnr/7ad87a07fd2e78431630801be92f8281f29d62d1/"width="180"height="180"style="border:0;padding:0;"scrolling="no"frameborder="no"seamless> 忍者ブログ

Masaki Fukumitsu Official Blog バストーナメンター福光正樹のバスライフをお伝えします

Achieve the best !!

   
カテゴリー「タックル」の記事一覧

フラッピンホグJr.

只今先週のTBC開幕戦についてレポート執筆中です。
ef400712.jpeg


















ウィニングベイトは左上のフラッピンホグJr.がメインでしたが・・・
DSCF3603.JPG













残念ながら2013カタログからは姿を消してしまいました(涙)
レギュラーサイズも使いますがシャローでここ一本必要な際頼りになるベイトです。

メーカー在庫もないことが予想されるので某量販店の均一セールにて補充^^
DSCF3605.JPG















しばらくは安心だ。 早くも復刻を期待したいところです。

ここだけの話、●●リグなんかでもとっても釣れます。
いつの日か紹介させてもらいます。
 
PR

実釣会 その3

先日の実釣会。気になったアイテムを・・・

一番気になり、フィーリングが合ってしまったRODはTPMX62SULJでした。
ダウンショットでの使用感が抜群。シェイクし易い^^バイト捉える!!
軽くなったブランクスとガイド設定の妙、Powerlux効果での高感度が合わさって
魚を獲れる訳です。はい。今シーズン1軍入り決定です^^
DSCF3510.JPG












2013初のバス持ち写真。このタックルで魚を沢山釣りました^^
DSCF3508.JPG













スモラバ、ジグヘッドワッキーなら張りのある62SLJでしょうね。

他に気なるタックルは、他のスタッフも絶賛の66CMLJ
DSCF3513.JPG












感度抜群、キャストフィール最高です。スピナベ、チャタ―、スイミングジグ等に!!
実のところ、スピナベ、チャタ―はテクナAVのTF66CML-Jを使っていました。
もう10年以上前のRODですよね~。しかも2本使用。
現行のTAV-GP66CMLJだとグリップエンドが少し短く導入していませんでした。
やはり10年以上前となるとガイドセッティング、グリップ等で古さを感じてました。
やっとテクナAVを引退させることが出来そうです。

あとは70CM、70CHも利根川では使いどころありそう^^
GPの70CMもバーサタイルで使用頻度高いですから。

PMX以外ではGWT60CLJK.T.F.ですね。
DSCF3511.JPG












6フィートジャストというレングスからくる抜群の操作性。そしてGW特有の感度。
もっともフィネスで繊細(^_-)-☆という印象です。そしてセットするリールはK.T.F.!! 
それでこのRODのポテンシャルを100%引き出せるでしょう(ー_ー)!!
PMXでもっともフィネスなのは63CULJですが、使い分けるなら操作性と感度を
とるならGWT、トルクをとるならPMXといった感じでしょう。

他のラインナップはGPの74シリーズ。IRON HAWKフックセッターとありましたが
マイクロガイドと独自のガイドセッティングで使用感がかなり良くなっていました。
長いRODでも-5インチの使用感でした。 (-5歳肌ではありませんよww)

と、販売前のRODを使い倒せる貴重な経験をさせて頂きましたが、ナノテクという
最新テクノロジーを活用したPMXは想像以上の使用感でした。

スーテクとGPの間を埋めるラインナップですね。
トルクを重視してGP使用していたシチュエーションで感度が加わる訳ですから。
今まで以上に今行っている釣りに集中でき、そのポイントの見切りやエリア
ローテーションの判断も精度が高くなると思います。
15年前、テクナAVの筋肉質な追従性に衝撃を受けた以来の衝撃でした。


利根川で実際に使うのが楽しみ。そして、ほしいRODがまた増えた週末でしたww

そんな大注目の 2013 fenwick Newラインナップ。
名古屋バスフェスタ、横浜フィッシングショーで手に取ってみて下さい。

RODは以上の印象を持ちましたが、同時にReelもいろいろ使う機会がありました。
普通のベイトフィネス仕様のリール、そして言わずもがなのK.T.F。
使用感は絶対K.T.F.なのですが、その中でも進化の過程を体感できました。
Revoエリート、アルファスフィネス、PX68フィネス。
そしてIXAのカーボンパーツ、部分載せ、全部載せ。

やはり使用感は全部載せが超ゴキゲン。
一度全部載せを使うと部分のせとかハンドルの軽量化出来ていないリールだと
違和感を感じてしまう・・・。 
K.T.F.を購入される際は思い切って全部載せでいっときましょう!!
使用感が全く違いますから^^

しばらく入荷していなかったIXAのパーツも入荷されてます。
スティーズのハンドルセットも待望の入荷!!  コチラ
人気カラーはすぐに無くなりますよ~。

間もなく本格的なシーズンイン。準備はOKですか?
 

2013 fenwick 実釣会 その2

fenwick 2013 実釣会!! 
実際に試したRODの本数はこの画像に映っている数の約2倍は試せたと思い
ます。私物を持ち込んで使用感を試したりしました。
DSCF3519.JPG












私物であるスーテクも持ち込みまして使用感の違いを確認。

Powerluxを纏ったPMXは感度に関してスーテクに匹敵するものになってました。
DSCF3514.JPG












*Powerluxを使っているRODにはこのマークが!!
感度の向上については、Powerluxでブランクスを高密度化出来たことに加え
業界内先駆けで早い時期から試行錯誤していたマイクロガイドのセッティング
によるところが大きいように感じました。  (ピンボケスイマセンm(__)m)
DSCF3516.JPG












マイクロガイド化でRODの振動を伝えるガイドとの接点が増えた分ROD
からの情報をよりとらえやすくなり、それが感度に繋がっている感じがしました。
感度の向上はなにをやっているか分からなくなる”ノー感じ”状況を排除出来、
今行っている釣りに集中力を傾けることが出来る一つの大きな要因となります。
全てが結果がポジティブにいくZone状態。Zoneの扉を開けるための
”扉の鍵”は集中力であるともいえるのでPMXを使うとそれを手に入れる
ことが出来るイメージを持ちましたよ。マジで^^

そしてフィーリングがドンピシャでアイテムが・・・

それはまた後日^^です。

K.T.F.アルファスフィネス販売スケジュール

どうもです。
この画像はBasser Allstar Classic 2013 での沢村さんのデッキ!!
ブルー系が多し、ギア比で色を変えているらしいですよ^^
DSC_0365.JPG








そして2013年最初のK.T.F.リールの販売です。アルファスフィネスVer.2
sawamurasiki.jpg









Karilホームページより拝借

ノーマルの状態で191g、スプールとギアが変えてあるK.T.F.モデルで175g
実に16gの軽量化(^^)v
更にカラーパーツをフルコンプリートすると153g
22gの軽量化、ノーマルと比較すると38g、ものすごい軽量化です。
前も紹介しましたが、外側に付いているハンドルとドラグを軽量化すれば
体感としてかなりの軽量感を実感できます。マシンの詳細は コチラ

ハンドルとかスタードラグはカーボン製の物が市場に出回っていて交換もでき
ますが…意外と大事なのはスプールとギアの軽量化。
ギアまでは市販されてませんし、シャロースプールはありますがそこまで
軽量化されているのも少ないでしょうからね~

その点はマテリアルから、軽量化を図るための強度を損なわないブランキング
やIXAベアリングまで試行錯誤を重ねて完成されたマシンがそこにはあります。

予約販売のスケジュールがUPされてますので コチラ からどうぞ!!

私も社外パーツでいくつかチューンしましたが・・・スプールの立ち上がりの早さで
水面を這うような低弾道を出せるのはK.T.F.だけだなって思います。
 

いま気になっているPMX

大阪のフィッシングショーも終わりシーズンインに向けて盛り上がってきますww

先日はGWTも気になるとUPしましたが、PMXの詳しい情報が出てくるとやっぱり
気になります。
tpmx_20130130.jpg







この方この方のBLOGを見るとPMXを意識せざるえません( ^)o(^ )

今のところ私の妄想のなかでは・・・やっぱり中量級を意識します。

TPMX66CML J  6′6″ 5 – 14g Lure 7 - 14lb. Line 
ハードベイトに特化したレギュラーテーパーのMLアクション。沢村幸弘がスピナー
ベイト、バイブレーション、シャロークランク、ワンナップシャッドのクランキングなど
の使用を前提にテストを重ねて完成させました。特筆すべきはそのキャスタビリティ。
サイドハンド、バックハンドなど様々なアングルから繰り出すキャスティングに、軽量
でシャープなブランクが追従していく不思議な感覚。それこそがPowerluxとアラミド
ヴェールの融合によるPower Matrix Design ブランクの性能なのです。
ルアーのウェイトをしっかりブランクに乗せることが出来、リリースポイントが広く、
キャストミスを抑えるしなやかさやバイトへの追従性はアラミドヴェール譲り。
それでいてルアーの挙動をしっかりと感知する感度とシャープネス。
シャローの巻物はこの1本でOKな仕上がりです。

ワンシャ4inとかチャタ―、スピナベで使いたい!!

TPMX70CMJ 7′0″ 5- 18g  Lure 8 - 16lb. Line 
中量級オールラウンダーとも言うべき、汎用性の高いロッド。癖のないスムースな
ベンドカーブを描くブランクは、メインマテリアルのPowerluxがシャキッとしたシャ
ープネスと感度をもたらし、アラミドヴェールによる補強でしなやかさとトルクを
生みだします。チャターベイトや3/8oz.クラスのスピナーベイト、ステルスペッパー
110Sやスクリューブローなど、ハードベイトはもちろんのこと、高比重ワームの
ノーシンカーやライトテキサス、などボトム系の釣りにも対応。北大祐が「ぜひとも
ラインナップに加えてほしい」と惚れ込んだスペックです。

GP70CMもかなり使うので、そのイメージでライトなテキサス、ゼロダン、
軽量ワームのバックスライドノーシンカーで使いたいww

福光正樹もほれ込んだスペックですww

TPMX 70C H J 7′0″ 7 – 28g Lure 10 - 20lb. Line 
パワーフィッシングの核となる、パワフルなヘビーアクション。高比重バックスラ
イド系ワーム、フルサイズのカバージグ、ヘビーテキサスリグは当然の使い方
として、アラバマ系リグやヘビースピナーベイトのスローロールといった巻物にも
対応します。ブランク全体にみなぎる剛性感、トルク感はメインマテリアルである
Powerluxとアラミドヴェールの補強から生まれたPower Matrix Designによる、
テクナPMXでしか体感できません。ロッドの命であるブランクは過剰な軽量化は
行わず、あくまでも肉厚でトルキー。フィネガイドシステム、細くシェイプされた
グリップデザイン、最小限の塗装などでマテリアルの持つ素材特性、メリットを
最大限に引き出す設計になっています。パワーフィッシングでビッグバスを
掛けた時、テクナPMXなら、驚くほど速く、確実にランディングまで至ることが
出来るでしょう。

GP70CHで使っている1/2oz以上のフラッピンホグヘビーテキサスや
フルサイズのカバージグ、ヘビキャロ、重量のある高比重系バックスライド
での釣りに使いたいww


いやぁ~、欲しいロッドが多すぎて困るww

テクナでもGPとスーパーテクナとPMXは共存出来るのか?
間違いなく共存できることでしょう。 
早く使ってみたい^^

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
M.F
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
バス釣り、音楽鑑賞
自己紹介:
12年 TBC Class1 年間 18位
    NAMIKI Cup 優勝 !
13年 TBC 1st 優勝!
   TBC 2nd 優勝!!
TBC Class1 AOY(年間優勝)
14年 TBC Class1 年間14位
Basser Allstar Classic 出場

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

忍者アナライズ

フリーエリア

<iframe src="http://ad.tiemco.jp/bnr/7ad87a07fd2e78431630801be92f8281f29d62d1/"width="180"height="180"style="border:0;padding:0;"scrolling="no"frameborder="no"seamless>
Copyright ©  -- Achieve the best !! --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]